2013年開校、札幌市豊平区にある絵画教室。1回3時間のレッスン、4回分9500円(2時間コースは4回分7500円)のチケット制です。デッサン、油彩、水彩など、初心者の方から経験者の方まで、それぞれの生徒さまに応じて、適切なアドバイスをいたします。受験対策にも対応。随時見学可能です。お気軽にお問い合わせください。
天神山アートスクール ブログ
筆の種類
2022年 02月 26日 (土) | 編集
絵筆は使い込んでいくと徐々に劣化して次の画像のようになっていきます。

筆の天然毛と人工毛
【左】人工毛/【右】天然毛

【人工毛の特徴】
①いわゆるナイロン製。
②量産できるので安価。
③穂先の纏まりは良いが弾力にやや欠ける。
③絵具の含みの点でもやや劣る。
④使い込んでいくとカールしてしまう。

【天然毛の特徴】
①馬、山羊、イタチ、鹿、リスなどが原材料(画像は油彩で一般的によく使われる豚毛)。
②貴重な毛種もあり、比較的高価。
③絵具の含みや弾力性に優れている。
④使い込んでいってもカールしにくいが、擦り切れて短くなっていく。

中原は油彩を描く際に、主にどっちを使っていると思いますか?
実は上記の特徴ではネガティブな項目が多い印象の人工毛です。

【理由】

新しいうちは製品として均質で穂先の纏まりの点で優れている
 天然毛は天然であるが故の癖がある場合があり、当たり外れが少なくない。

従来の天然毛の画筆を凌ぐクオリティーのものも製品化されている
 天然毛に近い特殊処理を施した合成繊維と天然の獣毛をブレンドした筆(通称リセーブル)はCP比が高い。

弾力性が弱過ぎず理想的
 ナイロンでも様々な弾力性の製品が販売されていて、好みの硬さの筆も探しやすくなってきている。

消耗品として割り切って考えている
 どちらにしてもいずれ劣化していきます。
 比較的に安価なので短いサイクルで買い足していけます。

※おススメの油彩筆はこちら → BLOGカテゴリ「画材のご紹介」 → 2022年02月24日
※おススメの小筆はこちら → BLOGカテゴリ「画材のご紹介」 → 2022年02月23日
※おススメの面相筆はこちら → BLOGカテゴリ「画材のご紹介」 → 2022年02月22日
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 天神山アートスクール ブログ all rights reserved.
designed by polepole...