2013年開校、札幌市豊平区にあるチケット制の絵画教室です。デッサン、油彩、水彩など、初心者の方から経験者の方まで、それぞれの生徒さまに応じて、適切なアドバイスをいたします。受験対策にも対応。随時見学可能です。お気軽にお問い合わせください。
天神山アートスクール ブログ
生徒さんの作品です
2024年 02月 13日 (火) | 編集
202402shunsfhzgkfzndbdfhdd.jpg
YSさん(中3)

フェルトのカボチャのオブジェの対面率の高い部分には線を使わず、対面率の低い部分やガラス等は線を積極的に用いたりするなどして、それぞれの質感や構造がとても明瞭に表現できています。
とりわけ深い理解が必要な部分は直方体に印刷された円形のマークだったかもしれません。
上面のマークの楕円はそれを取り囲む斜めの稜線に惑わされることなく長軸が水平であり、
垂直面のマークの楕円は、右上方に存在する直方体の消失点に向かうラインがその短軸なので、結果的にその長軸はおよそ4時/10時の方向に成立するという理解にもとづいて描けないとなりません。
透視図法や楕円構造など、デッサンにおける基本的な理論や表現力が必要になるモチーフでしたが、矛盾なく高い完成度で描けています。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 天神山アートスクール ブログ all rights reserved.
designed by polepole...