2013年開校、札幌市豊平区にある絵画教室。1回3時間のレッスン、4回分9500円(2時間コースは4回分7500円)のチケット制です。デッサン、油彩、水彩など、初心者の方から経験者の方まで、それぞれの生徒さまに応じて、適切なアドバイスをいたします。受験対策にも対応。随時見学可能です。お気軽にお問い合わせください。
天神山アートスクール ブログ
生徒さんの作品です
2021年 04月 26日 (月) | 編集
HKさん(小6)の作品の紹介です。

今回は葉書きサイズのグリーティングカード(メッセージカード)をつくりました。
大きく分類すると版画的な表現になります。
オリジナルの図案をもとに厚紙をデザインカッターで切り抜き、
原版をつくります(下図)。

202104kotone1.jpg

葉書きサイズの版画用紙を重ね、銅版画用のプレス機でプレスして完成です(下図)。

202104kotone2.jpg

メッセージ用のカードとして、
文字を描き入れるスペースのことも考慮された秀逸なデザインですね!

大人の方でも楽しく制作できる課題です。
ご希望がありましたらいつでもその旨お伝えください。
生徒さんの作品です
2021年 02月 24日 (水) | 編集
202102kotone.jpg
FKさん(小5) 『ガラスの球体』

描きたいと持ってきてくれたモチーフを黒い紙に白と黒の色鉛筆で表現してくれました。
色鉛筆は消しゴムで消えにくいので、次のような手順で制作します。

①普通の紙に鉛筆でデッサンする
②裏に白いパステルを塗る
③黒い紙の上にデッサンを重ね、輪郭等をトレースする
④黒い紙に白い色鉛筆で描く
⑤紙より暗いところは黒い色鉛筆で描く

①を行うことによって、消して直すことが最小限で済みます。
球体に映る部屋の窓や明かりのハイライト、
紙の上の影や光が屈折して明るくなっている現象など、
とても繊細に描けています!

制作過程において、明るくしていく表現方法は、
アクリル画や油彩画・テンペラ画などで基本となる技法です。
こうした画材に興味のある方は一度チャレンジして欲しいおススメの表現です。
生徒さんの作品です
2020年 09月 26日 (土) | 編集
miku-m-san202009.jpg
MMさん(小6)

壁掛け時計を作ってくれました。
文字盤は丸い木の板にアクリルで描きました。

【制作手順】
1.紙に原寸大の下絵を描く。
2.ベースの茶系の色を塗る。
3.下絵を写す。
4.顔と耳の部分を描く。
5.葉っぱの型紙をつくり、緑色でステンシル。
6.葉っぱの葉脈を描く。
7.葉っぱの外側をマスキングしておく。
8.丸い穴の型紙をつくり、黄色でステンシル。
9.葉っぱの外側のマスキングを剥がす。
10.時間を示す種のような形の型紙をつくり、こげ茶色でステンシル。
11.ムーブメント・針・電池を取り付けて完成。

たくさんの工程がありましたが、手順通り丁寧に制作してくれました。
世界に一つの素敵な時計になりましたね!
生徒さんの作品です
2019年 12月 29日 (日) | 編集
saitosan201912.jpg
SYさん

Sさんがご自分で撮られた
北海道上川郡東川町ノカナンにある大雪旭岳源水岩の資料をもとに、
時間を掛けて大変リアルに油彩で描いてくれました。
カンヴァスを鏡面仕上げにしてから鉛筆で詳細にデッサンした後、
補色を利用したり絵具を乳化させて描くなど、
古典的技法によって見事に仕上がっています!
生徒さんの作品です
2019年 11月 04日 (月) | 編集
SHさん(小5)がエンボス(凸凹)加工によるグリーティングカードをつくってくれました。

先ずは下絵です。
後で切り抜けるかを考えながら図案を時間をかけて描きました↓
hinatasan201911 (2)

1mmの厚紙に下絵を写して、版下を作りました↓
デザインカッターで丁寧に切り抜いていますね。
波のところが一番大変だったね。
hinatasan201911 (1)

版画用プレス機の重いハンドルも自分で回せました↓
大変素敵に仕上がりました!
hinatasan201911 (3)
生徒さんの作品です
2019年 09月 21日 (土) | 編集
s-kyousan.jpg
TKさん(高1)

黒い画用紙に色鉛筆で表現してくれました。
ガラスの透明感やその上の色相の変化、下に現象している光の反映など、
深い観察を通して、繊細に大変よく描けています!
生徒さんの作品です
2019年 08月 21日 (水) | 編集
s-rinasan.jpg
HRさん(高2)

カバのオブジェやワイングラス等を鉛筆で丁寧にしっかりと描いた後、
淡彩で表現してくれました。
構造の確かさや量感の豊かさ、透明感など、とてもよく描けていますね!
生徒さんの作品です
2019年 08月 14日 (水) | 編集
s-rikosan-kaeru (2)
TRさん(高2)

白い椅子と石鹸、そしてドクアカガエルを描いてくれました。
椅子は二点透視図法で矛盾無く描き上げています。
視えていないところまでアイレベルをイメージして分析しながら描いたので、
非常に精度の高い仕上がりになっています。
動きのあるカエルの様子や、
石鹸の表面の凹んだ文字の質感も大変よく描けています。
当初、色は着けたくないとのことで、一度は制作を終了したのですが、
次の週に、着彩を提案させていただきました。
色をつけていない状態が次の画像です。

s-rikosan-kaeru.jpg

石鹸とカエルの部分に淡彩を施しましたが、
私としては、着彩して良かったと思います。
いかがですか。
生徒さんの作品です
2019年 03月 26日 (火) | 編集
s-TSさんDSC_0001
TSさん 『天神山の春』 (油彩)

スクールの隣の天神山に咲く桜を描いてくれました。
今が盛りの花や開いて間もない新鮮な葉のあいだに、
散り終わった花も描かれています。
そうした真実の一瞬の姿に共感させられます。
今開催中の天神山アートスクール展で展示中です。
一足早い桜をどうぞ観に来て下さい。
生徒さんの作品です
2019年 03月 24日 (日) | 編集
s-KJさんオイルパステル
KJさん 『聖夜の晩餐』 (オイルパステル)

オイルパステルは比較的短時間に、
油彩画のように描ける大変面白く優れた描画材です。
それぞれの料理の質感がとても繊細に丁寧に表現されています。
Kさんの旦那様が作られたお料理だそうです!
家にこんな凄い料理をつくるパートナーがいらっしゃるなんて羨ましいですね。
copyright (C) 天神山アートスクール ブログ all rights reserved.
designed by polepole...