2013年開校、札幌市豊平区にある絵画教室。1回3時間のレッスン、4回分9500円(2時間コースは4回分7500円)のチケット制です。デッサン、油彩、水彩など、初心者の方から経験者の方まで、それぞれの生徒さまに応じて、適切なアドバイスをいたします。受験対策にも対応。随時見学可能です。お気軽にお問い合わせください。
天神山アートスクール ブログ
寒くなってきましたね
2022年 12月 04日 (日) | 編集
DSC_0341.jpg

お布団でぬくぬくの虹くんです。
教室を覗きに来たニジ君
2022年 10月 04日 (火) | 編集
DSC_0338.jpg

普段は二階にいますが、時々遊びに来ています。
過ごしやすい季節になりましたね
2022年 09月 03日 (土) | 編集
すやすや


スヤスヤ眠るニジ君です。
ニジ君お気に入りのベンチのシート張替え
2022年 07月 27日 (水) | 編集
DSC_0226_2022072710411136a.jpg
ベンチのシートを張替えることにしました。
今回はカナリヤさん(札幌市中央区南1条西2丁目)で防水性の生地を購入しました。
ガンタッカーで張り込んでいきます。

DSC_0237.jpg

DSC_0242.jpg
上図のようにコーナーを処理。

DSC_0245.jpg
ついでに裏面の不織布も交換しました。
一般的によく使われている不織布は弱すぎて好きじゃないので、油彩用のロール・キャンバスを裁断して使用。
通常の不織布のように縁を折り返す必要はありません。
ガンタッカーで留めて張替えは完了です。

DSC_0250.jpg

DSC_0256_202207271041196e5.jpg
ベンチの本体と金具で固定して完成です。

早速ニジ君、使ってくれました。

DSC_0597.jpg

DSC_0617.jpg
ニジ君の爪研ぎ用フレーム
2022年 07月 15日 (金) | 編集
DSC_0173.jpg
保護猫のニジ君をお迎えして1年9ヵ月が経ちました。
市販の爪研ぎの枠が細く弱々しいので、ちゃんとした枠を作ってあげることにしました。

ニジの爪とぎフレーム 1
材料を用意して加工していきます。
今回は釘やビス等の金属金具は使わないで制作することにします。

ニジの爪とぎフレーム 2
爪研ぎの上で寝そべっていることもあるので、心地よく寛げるように、
内側は爪研ぎの高さプラス1mm、外側の高さが40mmになるように斜面を加工します。

ニジの爪とぎフレーム 3
電動糸鋸盤で面を落として、鉋とサンダー、紙やすりで整えます。

ニジの爪とぎフレーム 4
四隅の接着はラチェット式ベルトクランプを使いました。

ニジの爪とぎフレーム 5
底板を張り付け、四隅の補強のためにダボ(4ミリの丸棒)を用意。
貼り合わせの深さに対応するように長さを2種類にしています。

ニジの爪とぎフレーム 6
各コーナーに4か所ずつダボが干渉しない位置にドリルで下穴を開け、接着剤を付けて打ち込みます。

ニジの爪とぎフレーム (2)
完成です。
今回は居間のフローリングの色に近いティントローズで塗装しました。

ニジの爪とぎフレーム (3)

ニジの爪とぎフレーム (4)
裏側です。

ニジの爪とぎフレーム (1)
爪研ぎが完成したフレームに綺麗に収まりました。

ニジの爪とぎフレーム (5)
気に入ってくれるかな・・・。

後日の様子です。
DSC_0484.jpg

IMG_20220716_185255042.jpg

DSC_0414.jpg

遊びにきたニジくん
2022年 07月 07日 (木) | 編集
20220707133336e0b_202207091055419ef.jpg

いつも寝ているところばかりなので、たまには起きているところも。
お布団で寝る虹くん
2022年 05月 29日 (日) | 編集
IMG_20220529_154019442.jpg

肌寒い日が続きますね。
心地良い場所をいつも的確に見つける虹くんです。
ニジ君が窓の外を眺めるための棚
2022年 04月 24日 (日) | 編集
保護猫のニジ君をお迎えして一年半が経ちました。
居間の窓辺からいつも外を眺めているニジ君。
窓枠が狭いので、窓の下のデスクの上に窓枠とほぼ同じ高さになるベンチスツールを載せてあげていましたが、
ちゃんとした棚を作ってあげることにしました。

ニジの棚1
材料を用意して加工していきます。
今回は釘やビス等の金属金具は使わないで制作することにします。
鋸と鑿とボール盤と播金で加工と組み立て。

ニジの棚2
紙やすりをかけて初日はここまで。

ニジの棚3
棚板2枚の着色1回目。
ローアンバー系のウォルナット色が好みなのですが、通常のオイルステインのものは濃く染まり過ぎるので、敢えてデッキ&ラティス用のステインを使いました。
刷毛で塗った後、布で吹き上げ1日乾燥させます。
その後、ローシェンナ系のオーク色の木彫オイルで4~5回塗布と拭き上げをして完了。
フレームの方は、ライトカーキの不透明塗装で仕上げました。

ニジの棚4
上図のようにダボにて固定します。

ニジの棚5
完成です。
 
ニジの棚7
上から見た様子です。

ニジの棚6-1
裏側です。

ニジの棚6-2

ニジの棚11
計算通り、窓枠とピッタリ同じ高さです。

ニジの棚12
気持ちよく寝そべってもらえるように、防音フェルト板を上に敷きました。
気に入ってくれるかな。

後日の様子です。

ニジの棚16

ニジの棚15

ニジの棚14
落ちている虹くん
2022年 04月 16日 (土) | 編集
IMG_1843.jpg

床に落ちている虹くんです。
大型猫ちゃん用の爪とぎベッドですが、はみ出ています。
最近のにじ君
2022年 04月 10日 (日) | 編集
にじ

最近はちょっと慣れてきたのか、教室に降りてくることが増えました。
copyright (C) 天神山アートスクール ブログ all rights reserved.
designed by polepole...