2013年開校、札幌市豊平区にある絵画教室。1回3時間のレッスン、4回分9500円(2時間コースは4回分7500円)のチケット制です。デッサン、油彩、水彩など、初心者の方から経験者の方まで、それぞれの生徒さまに応じて、適切なアドバイスをいたします。受験対策にも対応。随時見学可能です。お気軽にお問い合わせください。
天神山アートスクール ブログ
生徒さんの作品です
2021年 06月 13日 (日) | 編集
202106yabuki.jpg
YCさん

二点透視図法と楕円構造の両方が学べるモチーフです。
文字のあるプレートはアイレベルに生じる二つの消失点を意識して客観性の高い表現になっています。
グラスも上下の楕円構造が矛盾なく、その透明感を含めてしっかりと描けています。
生徒さんの作品です
2021年 06月 11日 (金) | 編集
202106shibasakimaya.jpg
SMさん(中2)

スクールでの2作目は楕円構造を学ぶためのモチーフです。
異なる3つの高さにある楕円はそれらの俯角の変化に応じて、
矛盾なく適切に描けています。
家のオブジェは透視図法の復習です。
こちらも木目の質感までとてもよく表現できています。
生徒さんの作品です
2021年 06月 10日 (木) | 編集
202106haruto.jpg
MHさん(大2)

高校生の時から通ってくれているHさんの作品です。
細部まで大変丁寧に描けています。
背景とのコントラストの調整が適切なので量感がとても豊かに仕上がっています。
美大に入学後も更なる基礎力のアップを目指す姿勢は大変立派です。
必ず今後の表現に活きてくることでしょう。
生徒さんの作品です
2021年 06月 09日 (水) | 編集
202106sanoakiko.jpg
SAさん

ご家族で受講してくださっているSさんの作品です。
楕円構造や透視図法など課題が盛沢山なので、
基本を学ぶには打って付けのモチーフです。
最終的にはそうした理論にもとづいて客観性の高い優れた作品になりました!
生徒さんの作品です
2021年 06月 08日 (火) | 編集
202106shimadahina.jpg
SHさん(中2)

自分で撮った写真を参考にしながら、
6年間通った小学校を丁寧にデッサンし、淡彩で仕上げてくれました。
建物を見上げた向きで撮影すると三点透視的に写ってしまします。
仰角が小さめでしたので、今回は二点透視図法に補正して描いてもらいました。
ガラスの中の様子や反射した外の景色まで大変丁寧に描けています。
ずっと良い思い出となる作品になりましたね!
生徒さんの作品です
2021年 06月 07日 (月) | 編集
202103takeuchi.jpg
TSさん

石膏デッサンを制作してくれました。
途中、対面率の低い部分の形の客観性や右下がりのムーヴマンに苦労しましたが、
最終的にしっかりと仕上がりました。
次の作品も石膏像。今度は木炭(描画材)で挑戦中です。

石膏像は受講生の皆さんにも一年に一度は描いて欲しいモチーフです。
「人物は描かないから・・・」という理由で避けている方もいらっしゃると思いますが、
人物に限らず、「デッサンの基本が学べる」「上達の近道になる」モチーフです。
生徒さんの作品です
2021年 05月 25日 (火) | 編集
202105kumechisaya.jpg
KSさん(小6) 『レンガとアヒルのオブジェ』

スクールで最初の作品は透視図法的な表現を学ぶモチーフです。
一度で完全に覚えられるほど易しい理論ではないので、
少しずつ理解を深めていってくれたら十分だと思います。

生徒さんの作品です
2021年 05月 24日 (月) | 編集
202105iwamoto.jpg
IIさん

ブーツを鉛筆で丁寧にデッサンしてくれました。
コントラストや反射光、ハイライト、ローライト等をしっかりと適切に捉えているので、
豊かな量感と質感で表現できています。
生徒さんの作品です
2021年 05月 23日 (日) | 編集
202105tomoe.jpg
STさん(中1)

スクールに来て最初の作品です。
二点透視図法を学んでもらいました。
アイレベルを意識しつつ、客観性の高い表現になっています。
線の方向や密度を理論的に用いることができているので、構造も明瞭に描けています。
次は楕円構造に挑戦です!
生徒さんの作品です
2021年 05月 20日 (木) | 編集
202105nakamurayui.jpg
NYさん(中3)

二点透視の理論を深く理解して表現できるようになるための課題です。
テーブルから40cmくらい上に想定されるアイレベルに消失点が2つ成立することを意識しつつ、
T字線プレートと透視枠を用いて現実にどのような形をしているのかを確かめながら、
客観性の高い表現を目指しました。
線を積極的に使うことで、構造も大変しっかりと描けています。
copyright (C) 天神山アートスクール ブログ all rights reserved.
designed by polepole...